■クロスの種類について

 

おおまかに2種類ありまして1つは、普及品で色・柄も多少ありますが、白っぽい色合いのベーシックなタイプが多くリーズナブルな商品です。

 

もう一つは一般品で耐久性も良く、白っぽい色合いは多数、色・柄も豊富でお部屋の匂いを消してくれたり、汚れ防止・表面強化・ひび割れしにくい、などの機能がついている商品で普及品に比べ料金は若干高めになります。

 

普及品と一般品の違いを簡単に申し上げますと「耐久性」「デザイン性」「機能性」「価格」が違いますのでお客さまの用途やご予算によってお選び頂いております。

 

 

■取り扱っているメーカーについて

 

壁紙についてはサンゲツ・リリカラ・ルノン・トキワ・シンコールなど日本国内にありますトップメーカーのすべてになります。(全メーカーに普及品・一般品はございます。)

 

使用しています壁紙・クロスは全てSV規格合格品(壁紙安全規格)・JIS規格合格品で検査に合格しております。

 

壁紙の接着のり・接着補強剤はヤヨイ化学の商品を使用しています。(ヤヨイ化学は接着のり、接着補強剤では国内NO1メーカーです。)

 

 

■使用しています接着のりについて

 

ヤヨイ化学の最新商品、でんぷん系接着剤「ピュアラ」防かびで湿気にも強く、はがれ、ジョイント部分の目すきに強い化学物質0パーセントの商品です。接着のりの補強剤ヤヨイ化学「プラゾールSS」を混入してさらに接着強化をはかっています。

 

プラゾールSSもホルムアルデヒト0パーセントの商品です。新築時の下地よりリフォーム時の下地はより接着強度が必要な場合があるために、のりの補強剤を混入しています。
これにより接着力アップ・耐湿強度アップ・目すきはがれの強力防止。

 

 

■古い壁紙のはがした後の下地補修材について

 

下地の荒れているところのパテ補修材はヤヨイ化学のワイドスーパーを使用して調整していきます。こちらの補修材は壁紙のりとの接着性がいいので使用しています。

 

下地が粉っぽくなっている箇所はヤヨイ化学のシーアップという下地強固剤を使用します。粉っぽいと接着強度が弱いためです。

 

 

■壁のコーナー部分(90度になっていますところ)の接着補強について

 

下地の年数が経過していくとコーナー部分にすき間ができやすく、新しいクロスがはがれやすいので接着補強ためにボンドを入れています。

 

 

■お客様のご家庭で使用しています全ての商品・材料について

 

使用しています商品・材料はすべてシックハウス症候群の原因物質であるホルムアルでヒトの検出審査を合格しております。(☆☆☆☆フォースター商品になります。)施工後に鼻や目、のどに刺激がおこることはございません。アレルギー体質の方のお部屋にも施工させていただいております。